介護職員初任者研修は多くの資格の中でも人気な介護系資格の入門編です。

介護職員初任者研修とは

 

元々あった「ホームヘルパー2級」の資格制度は廃止になり、平成25年度よりヘルパー2級にとってかわる資格として登場した、介護職の入門ともいえる資格が介護職員初任者研修なのです。

 

ヘルパー2級が変更となった訳とは?

 

介護職員初任者研修は従来の介護業界における資格形態を一新し、初めて介護に携わろうとする人により分かりやすく、段階を踏んで学べるような仕組みに変わったようです。

 

介護職員初任者研修のカリキュラムは全部で130時間の内容あります

 

この130時間で職務の理解、介護における尊厳の保持・自立支援、介護の基本、介護・福祉サービスの理解と医療の連携、介護におけるコミュニケーション技術、老化の理解、認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみと生活支援技術などについて学んでいきます。
認知症の理解と障害の理解の分野は新たに加えられたものです。

 

介護職員初任者研修の役割イメージバナー

この130時間という時間はホームヘルパー2級の頃と変わりませんが、以前は必須だった30時間の施設実習が廃止となり、その代わりにスクリーングで行う実技の時間に力を入れ、全課程の修了後に筆記試験が行われる仕組みに変わりました。

 

そのためホームヘルパー2級の頃より難易度は上がったと言えるでしょう。

 

試験内容と合格率についてはこちら

 

必要な介護知識や技術を身に付けるための講習や実技があります

これは介護職員になる人が最初に取る資格であり業界では最も多く取得されています。
ちなみに、すでにヘルパー2級を取得している人は介護職員初任者研修修了者として介護の仕事に携わることができるようになっています。

 

 

 

しかし介護職員初任者研修で習得する知識や技術は介護に従事する上で必要なものばかりです。この研修中に学ぶことは現場や自宅で介護をする時などに必ず役立ちます。
知識と技術をしっかりと身につけていくように心掛けていきましょう。

 

資格の難易度が上がったと言うことは、それだけ習得できる技能や知識も増えます。また実務経験に生かされるようになるでしょう。

 

日本は超高齢化社会を迎えていますから今後、介護職員初任者研修の認知度はますます広がっていくでしょう。

 

 

介護職員初任者研修を終えての就職先

 

介護職員初任者研修を活かせる場は非常に数多くあり、福祉関連の仕事に就きたい方にとって重要な資格とも言え、主に利用者の身体介護や生活援助、相談・助言と言った仕事に携わることができます。

 

  • 身体介護では食事、排泄、衣類着脱、入浴、身体清拭・洗髪、通院等の介助やその他に必要な身体の介護を行います。
  •  

  • 生活援助では調理、衣類の洗濯、居住等の掃除・整理整頓、生活必需品の買物、その他必要な家事、関係機関との連絡を行います。
  •  

  • 相談・助言では利用者の心身の状態や生活環境を把握し、利用者との信頼関係をもとに、主に身体介護や生活援助の合間に行います。

 

ここで言う相談・助言は、相談員やケアマネージャーが行うものとは全くの別物です。介護職員として利用者の不安や悩み、悲しみ、痛みに接し、癒し、慰め、助ける役割を担っていると言えます。

 

以上のような仕事を主に居宅サービス施設サービス地域密着型サービスの現場で行うことができます。

 

居宅サービス

訪問介護、訪問入浴、通所介護、通所リハビリ等で働くことが出来ます。

 

施設サービス

介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設で働くことが出来ます。

 

地域密着型サービス

認知症対応型通所介護、小規模多機能居宅サービス、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、夜間対応訪問介護等で働くことが出来ます。

 

この他には病院で看護助手として働くことも出来ます。

 

施設や病院の場合は介護職員以外に看護師や理学療法士、作業療法士など他職種との連携が介護に必要となっていきます。

 

また、病院では院内保育などで保育士を募集している場合もあります。
保育園や保育所以外で転職を希望する方は検討してみてはいかがでしょうか?
(⇒保育士転職の詳しい情報はこちら)

 

また対象者は高齢者だけではなく、介護を必要とする障害者や特定疾患の方も当てはまり利用者の年齢もさまざまです。現状としては介護業界自体が人手不足なため、常に多くの求人募集があり、引く手あまたのような状態になっています。

 

修了生に対しての就職サポートを行うスクールが多く、大手の養成講座の場合、スクールを運営する会社や法人へ就職することも出来ます。